新年ご挨拶

東京猪苗代町民会会長 坂 直孝

新年明けましておめでとうございます。昨年はコロナ騒動に始まりコロナに暮れた1年でした。有力マスコミによる偏向報道も災いし、国民生活、経済に大打撃を与えましたが、三密を避け、手洗い、うがい、マスク着用を励行すれば特別恐れる伝染病では在りません。正しく理解し、正しく恐れることが重要ではないでしょうか?

1年延期になった東京オリンピックの年を迎えました。コロナの余波はあるものの、足踏みしている訳にはいきません。力強く一歩を踏み出しましょう!

さて、昨年は、コロナの影響で止むを得ず中止しましたが、今年度は、新たな会場、東京は四ツ谷駅前主婦会館プラザエフ9階スズランにて、5月8日()総会開催が内定しております。コロナの終息状況にもよりますが、2年振りの皆様との再会を楽しみにしております。

これも、昨年開催予定だった第10回町民会作品展は中止しましたが、本年は第11回町民会作品展を恒例の「ギャラリーくぼた」にて

11月1日()~7日()開催予定です。一昨年は猪苗代町から五十嵐盛雄さんの出展もあり、今後猪苗代町とこの面での交流も活発になることを期待しています。上手下手は関係ありません。初参加大いに歓迎いたします。

又、新たな趣向も取り入れ盛り上げを図りたいと思います。

ただ残念だったのは、11月、例年猪苗代新そば祭りに合わせた恒例のふるさと観光バスツアーですが、そば祭りそのものがコロナの影響で中止になったため、断念せざるを得ませんでした。本年は、そば祭りとタイミングが合うか分かりませんがバスツアーも実現したいことの一つです。

本年は、郷里では、コロナ騒動を吹き飛ばすべく、磐梯まつりや花火大会、音楽祭等様々な行事が予定されることでしょう。その都度、ホームページ等でご案内いたしますが、町民会の行事と共に、会員の皆様の積極的参加をお待ちしております。

亀ヶ城公園結の里保存会に2015年寄贈、植樹した2本のオオヤマザクラも、帰郷の度に見ていますが、かなり大きくなりました。本年も花をつける日が楽しみです。

    現在会員169名。課題の会員増強にご協力お願いいたします。

最後になりましたが、会報「天鏡」の題字、町民会作品展の入り口を飾る竹の看板を制作頂いた渡部重春会員が昨年8月ご逝去されました。

これまでの当会へのご協力に感謝し謹んでご冥福をお祈りいたします。

   本年の会員の皆様のご健勝ご多幸を心よりお祈りし新年のご挨拶といた
します。

  尚、町民会に関する質問、提案等がございましたら、事務局長 澁川英夫までお問い合わせお願いいたします。

      TEL049-283-2853  E-mail:h.shibukawa@nifty.com